• 昆虫大学2018

    昆虫大学2018は、2157名(再入場者含まず)に入学いただき終了しました。ご入学ありがとうございました。次は2020年にお会いしましょう!

    昆虫大学は、昆虫その他の「蟲」のもつ多様な魅力をプロから学ぶ隔年開催のクリエーターイベントです。作家・芸術家・研究者・昆虫を生業とする人々を講師としてお招きし、虫と虫好きの異様な熱気に満ちた世界をチラ見せすることを目的とします。

    2012年にアートフェス「TRANS ARTS TOKYO」にとつぜん出展、以後は決まった学舎を持たず、さすらいの昆活(昆虫活動)をつづけています。

  • 開講概要

    東京文具共和会館@浅草橋にて、2018/10/6(土)・7(日)の2日間開催されます。

    昼の部は予約不要・当日受付です。お気軽にご入学ください!

    2018/10/6[土曜日]

    10:30-17:00 物販および展示

     当日、受付にて学費をお支払いください
    18:00-20:30 昆虫夜学(事前予約制) 

     講演・ライトニングトーク

     ※夜学は完売しました

    2018/10/7[日曜日]

    10:00-18:00 物販および展示

     当日、受付にて学費をお支払いください

    入学金

    ■昼の部:1,000円(2日間再入場可)

     ★高校生以下は入場無料です

     

    ■昆虫夜学:3,000円(1ドリンク込)要予約
    ※夜学の入学証で、昼の部にも入場可能です。
    夜学への入学は、Peatixで別途申込を受け付けます

     

    夜学は完売しました。ありがとうございました 

    https://konchuyagaku2018.peatix.com/

  • Access

    東京文具共和会館

    http://www.kyouwa-kaikan.co.jp/04access.html

    〒111-8611東京都台東区柳橋1-2-10
     

    ・JR総武線「浅草橋駅 東口」 より徒歩3分
    ・地下鉄 都営浅草線「浅草橋駅 A1出口」 より徒歩3分

  •  

     

     

     

  • キャンパスマップ

    ブース配置は予告なく変更になることがあります

  • 講師陣【昼の部】展示・物販

    (随時追加・変更あり

    ★一日・一部時間帯のみ参加ブースがありますのでご注意ください★

    URBAN SAFARI

    厳しい世界を生き抜く力強さと知慮をあわせ持つ

    動物たちのアクセサリーブランド。

    虫をモチーフにしたフェルト作品やブローチを販売。

    HP: URBAN SAFARI

    Twitter: @urbnsfr

    秋山あゆ子

    漫画家・絵本作家。昆虫大学シラバスに掲載のイラスト「ハサミムシの婚礼」原画を展示します。

    Twitter: @aa6464

    あまのじゃくと

    へそまがり

    革のカバン・リュック・巾着など、生きものをモチーフにした使いづらい実用品を作っています。

    HP: あまのじゃくとへそまがり

    Twitter:@amaheso_sp

     

    AntRoom

    アリの通販専門店。 アリを飼育するために、アリが快適に暮らせるような飼育方法や飼育容器の開発を努力しています。

    HP: AntRoom

    Twitter: @AntRoom_Taku

    ★6日14時頃~開店★

    いきもにあ

    いきものテーマの作品をつくるアーティスト、生物研究者など、あらゆる “いきもの” 好きが集まるクリエーターイベント「いきもにあ」オリジナルグッズを販売

    HP: equimonia

    Twitter: @equimonia

     

    いるま

    気がついたらなぜか昆虫大学で絶滅した頭足類の布教活動をさせられることになっていた。

    Twitter: @irumandal

    いわたまいこ

    切り絵作家。プランクトンからクジラまで、生きもののもつ面白さや美しさを紙とハサミで表現します。

    HP: 切り絵作家・いわたまいこ

    Twitter: @mycof

     

    宇高寛子(ナメクジ捜査網)

    京都大学助教・ナメクジ研究者。ナメクジの分布調査と情報共有のためのシステムを作るため、クラウドファンディングに挑戦しました。

    HP

    ★6日のみ出展★

    うみねこ博物堂

    神奈川県相模原市の博物系雑貨店。昆虫・鉱物・種子標本、自然科学関連書籍、和洋の古いもの販売。

    別レーベル「ひよこまめ雑貨店」では昆虫大学歴代校章も製作。

    HP: うみねこ博物堂

    Twitter: @umineko22

    オイカワマル
    (くろむし屋)

    湿地帯生物愛好家。今回事情により時間限定となりますが、著書の販売及び相談役を務めている北九州・魚部の書籍・グッズの販売などを行います(ご希望があればイラスト入りサインも)
    Twitter:@oikawamaru
    Blog: 湿地帯中毒

    奥村巴菜

    陶でできたゾウムシやツノゼミ・カエルなどの作品を展示します。

    Twitter: @Okumushi_hana

    ★展示は両日・物販は7日のみ★

    お拾いもの

    道ばたに落ちた記憶、忘れ去られた宝物。虫雑貨制作。

    Twitter: @tomoko_matsuzaw

    風カルチャークラブ

    好奇心の枠を広げる専門家同行のカルチャーツアーを企画する旅行社です。虫の魅力を訪ねる昆虫観察会を実施中。

    HP

    ガレージ

    昆虫大学の工作大臣。日常生活で使えるフジツボやウチワタケのマグネットを販売。

    Twitter: @slowdelay

    Keiki FUKUI

    主に鋳造技法を用いた甲虫の彫刻と標本作品を制作しています。 甲虫を中心に昆虫標本を蒐集。

    Twitter: @fukuinsect

    黄鈴虫具店

    鳴く虫を愛でる文化は日本や中国で古くから続いていますが、中国では虫道とも言える文化に発展しています。
    本場の虫具を購入できるお店です。

    HP: 黄鈴虫具店

    Twitter: @kourin_chugu

    ★10/7のみ出展★

    昆大公式ブース

    昆虫大学の歴代校章入りオリジナルグッズ・学長メレ山の著書『ときめき昆虫学』などを販売。今年は初の同人誌「昆虫大学シラバス」を発刊します!

    Twitter: @konchuuniv / @merec0

    昆虫文献 六本脚 

    昆虫や自然に関する書籍・図鑑・雑誌・昆虫採集用品・標本箱などを扱う,昆虫関連の総合専門店。出展者関連書籍などを販売。

    HP: 六本脚

    昆虫料理研究会

    代表・内山昭一氏率いる昆虫食普及啓蒙団体。味や食感、栄養をはじめ、あらゆる角度から食材としての昆虫の可能性を追究。会場で昆虫食の調理・販売を行います。

    HP: 昆虫食彩館

    Twitter: @insectcuisine

    樹液酒場 

    虫と酒をこよなく愛する店主が、選りすぐりの日本酒とワインをご用意しました。虫にちなんだお酒をいただく「虫とお酒のマリアージュ」を皆さまにご提案いたします。

    Twitter: @shakuGpark

    舘野鴻

    絵本作家/生物画家。著書『しでむし』『ぎふちょう』『つちはんみょう』(偕成社)など。昆大会場にて絵本の原画展示を予定。

    Facebook

    征矢剛

    金属造形作家。会場内に昆虫のランプ等を展示。自由、且つ強硬な金属という素材を通して生まれ変わった彼らが仄かに灯り、異なる世界へと誘います。

    HP: 金属造形作家 征矢剛

    dubhe

    少し古いものから、とても古いものまで、当時に制作されたさまざまな博物図版を扱っています。
    屋号ドゥーベと読み、おおぐま座α星の名を拝借しています。今回は昆虫の図版を多めに用意しています。

    Twitter: @dubhejp

    doeco

    陸貝に惹かれて、「世界のかたつむり」のシリーズを制作しています。
    昆虫大学「doeco&ガレージ」として初めての登校です。でんでん虫も、どうぞよしなにお願いします。
    のんびりゆっくりとしたペースですが、見にきてくださると嬉しいです。

    Twitter: @doecooo

    203gow

    風変わりな編み作品「へんなあみもの」を作り続けている。世の中全て編み物に見える。カラフルな色合いで小物から8mの大型立体物を編み制作。街中を編み物で埋め尽くす編み集団「編み奇襲団」主宰。

    HP: 203gow

    Twitter: @niimarusangow

    日本野虫の会

    なぜ野鳥の会があって野虫の会がないんじゃー!という魂の叫びと共に、フィールドや日常の中で使えるMADかつPOPな虫グッズを開発しています。

    HP: 日本野虫の会 WEB SHOP

    Twitter: @panchichi3

    ぬいぐるみのクリエーター(株)栄商

    リアルな動物モチーフのぬいぐるみを販売。今回は昆虫シリーズを充実させて参戦!

    Twitter: @ashow1963

    ハイアイアイ臨海実験所

    生物学論文紹介同人サークル「ハイアイアイ臨海実験所」です。斜め読み生物学論文紹介集「斜論」・鼻行類グッズを販売。

    Twitter: @kamefuji @ThaqXhut

    はくラボ[大阪自然史センター​]

    2017年4月より再び大阪市立自然史博物館ミュージアムショップの受託運営者に。自然とのつながりを広げ、深める窓口として、グッズ開発、書籍の出版、通信販売、学会やイベント出店などに取り組んでいます。

    HP: 大阪自然史センター

    Twitter: @omnh_museumshop

    ヒアリ警察

    「そのアリ、本当にヒアリですか?」たずらに加熱するヒアリ報道に警鐘を鳴らすため、ツイッターに舞い降りた正体不明のアカウント。当日はヒアリマスクを身に着けて登場予定。

    Twitter:@_Solenopsis

    ピン・セイダイ

    (ピンセットサロン)
    ピンセットを愛するカメムシ研究者(通称:おぴんぴんおじさん)。ピンセットこれくしょんの展示とピンセット研ぎサービスと販売(今回から有料だけど過剰にサービスしちゃうぜッ!)。

    HP: ピンセットサロン

    Twitter: @calicius

    FUMIHIKO HIRAI

    昆虫の星へようこそ

    昆虫大学会場にて、昆虫たちの動画を投影します。

    Twitter: @uta_31

    ふれあい昆虫館

    いろんな生きた虫とふれあえます。

    本物こそが絶対ィィィイイイEEEEEッ!

    お さ わ り

     し放題ッ!!!

    Twitter: @fuku_tamamushi

    文化昆虫学元年

    『アキバ系文化昆虫学』著者による痛標本箱の展示、文化昆虫学に関するパネル展示など。

    Twitter: @bunkajin_kobe

    HODAKAHORA

    アフリカでの研究職を終え、生き物モチーフのアクセサリー作家に転身。昆大では虫をモチーフにしたピアスやイヤーカフ、帯留めなどを販売します。

    Twitter: @shoebill_hoda

    本多絵美子 

    主に木を彫って動物や昆虫を制作しています。 自然,生物観察が日課。

    展示と少し販売をいたします。

    HP: Emiko Honda website

    Twitter: @emikohonda

    マメコ商会

    昆虫テキスタイル界に革命を起こすべく、カタゾウムシ・ツノゼミ・ビワハゴロモなど、美麗な虫や奇虫をテーマにした服やバッグをタイにて製作・販売。大人っぽい柄とデザインにファン拡大中。

    Twitter: @mamekosato1

    丸山宗利

    (九州大学総合

    研究博物館)

    昆虫分類学者。ベストセラー『昆虫はすごい』など、一般にも昆虫の魅力を分かりやすく伝える書籍を多数執筆。今回は昆虫標本の展示と書籍販売を行います。

    HP: 丸山宗利研究室

    Twitter: @dantyutei

    政所名積

    (展翅屋工房) 

    昆虫標本作成業「展翅(てんし)屋工房」代表。博物館などに展示・収蔵する昆虫標本、個人の収蔵標本の作成を行う。当日は昆虫標本と生体を販売します。

    Twitter:@ten48koubou

    みのむし商店 

    イラストレーター。カメや虫の愛らしいイラストグッズは、全国の動物園や博物館ショップで人気。Tシャツ・手ぬぐいなどの虫グッズを販売。

    HP: みのむし商店

    Twitter: @kameminoji

    ★10/7のみ出展★

    みはに工房

    染色家。良い布美しい布を作りたい。シルクスクリーン手捺染/型染め◆野生動物、特にオオカミ 虫 雑木林 雑草好き。

    Twitter: @mihani_nunosome

    memini

    ロストワックスという方法でアクセサリーを制作。今回は新作にモフ系昆虫をモフモフさせます。

    Twitter: @lepuscapensis

  • 特別授業(ワークショップ)

    ワークショップスペースで行うイベントのご案内です。

    予約不要ですが、混雑時は譲りあっていただくようお願いいたします。

    ①オイカワマル・ハエトリひろば・秋山あゆ子 著書サイン会

    10/6(土)7(日)開場~12:00 ※ハエトリひろばさん・秋山あゆ子さんは6日のみ

    生きものに関する楽しい著書で知られる、オイカワマルさん@oikawamaru・ハエトリひろばさん@haetorihiroba・秋山あゆ子さん@aa6464による著書サイン会を開催します。

    オイカワマルさんからは、

    ・ヒメドロムシ・サミット@北九州市立いのちのたび博物館のために制作したセマルヒメドロムシ・エコバッグ(北九州・魚部オリジナル)

    ・ヒメドロムシ・クリアファイル

    その他、相談役を務める自然サークル「魚部」の本も販売。イラストも描いていただけます。

    ハエトリひろばさんの『ハエトリグモハンドブック』も快進撃を続け、先日3刷を達成!日本産ハエトリグモほぼ全種、美麗な写真におさめた一冊です。

    漫画家・絵本作家の秋山あゆ子さんには、なんと著書サインだけでなくミニイラストも提供いただきます(先着10名程度を予定)

    『湿地帯中毒』『日本のドジョウ』『世にも美しい瞳 ハエトリグモ』くものすおやぶんとりものちょう』『こんちゅう稼業』『虫けら様』など、綺羅星のような著書群にサインをいただくチャンスです!

    ※当日、会場でも書籍を販売しますが、お持ちいただいた著書にもサイン可能です。

    ②ダンゴムシの体重測定

    10/6(土)7(日)13:00~15:00

    昆虫の体重測定』(福音館書店)著者の吉谷昭憲さんをお迎えして、ダンゴムシの体重測定を行います。
    日頃意識することのない、虫の体重。『昆虫の体重測定』では様々な虫の体重測定を行いますが、ほとんどの虫は軽すぎて、一般家庭のキッチンスケールでは量ることができません。今回のワークショップでは、(昆虫ではありませんが)ダンゴムシの体重測定を行います。
    吉谷さんの指導のもと、来場者の皆さんにお持ちいただいたダンゴムシを、千分の一グラムまで量れる「電子天びん」で量ってみましょう。

    また、当日は吉谷さんにさまざまな虫をお持ちいただく予定です(画像右は、砂浜に暮らすハマダンゴムシです)それぞれの虫に合った正しい測定方法を学びながら、そこから見えてくる発見を吉谷さんとともに楽しみましょう!
    【注意事項】
    ・持参されるダンゴムシは、おひとり3匹までとさせていただきます。
    ・ワラジムシは測定できません。
    ・ダンゴムシが逃げないよう、ふたのある容れ物に入れてお持ちください。
     (落ち葉などと一緒に入れておくと、持ち歩いてもダンゴムシが弱るのを防ぐことができます)
    ・測定後のダンゴムシを会場付近で放すことはおやめください。
     連れてきた場所に戻してあげましょう。

    ③「推し昆うちわ」ワークショップ

    10/6のみ・15:30~17:00

    とくに昆虫夜学でうちわを振りたい!でもオタ活したことないし…という方向け。講師にイラストレーターの熊野友紀子さん @kumagoya をお迎えし、いっしょにオタ昆うちわ作りに挑戦しよう!参加費は1000円前後となる見通しです(近日お知らせします)

    うちわに入れる定型文字も、数パターン用意してお待ちしております。「途中まで自宅でデコってきたうちわを、さらに狂気めいた感じにデコりたい」という方も歓迎です。

    ※時間が限られているため、幅300mm・高さ281mmのうちわの片面のみをデコる形を予定しています。

    デコうちわで夜学登壇者を応援しよう!!

  •  

     

     

  • 教授陣一覧【昆虫夜学】

    基調講演

    昆虫の交尾は、味わい深い…。

    上村佳孝(かみむらよしたか):慶應義塾大学准教授

    交尾器の形から昆虫の分類と進化を追う「昆虫交尾博士」こと上村先生。2017年には上村さんの参加する研究グループが雌雄の交尾器の構造が逆転した昆虫「トリカヘチャタテ」を発見したことにより、イグノーベル賞を受賞されています。今回の昆虫大学校章モチーフは、上村先生の研究対象でもあるオオハサミムシと、シジミチョウのラブ・アフェア。味わい深い昆虫の「交尾」について、たっぷり語っていただく予定です。

    著書:『昆虫の交尾は、味わい深い…。』(岩波科学ライブラリー)

    ライトニングトーク

    ヒアリ警察24時~「ヒアリだと思ったそのアリ、本当にヒアリですか?」Twitterを利用したヒアリ他アリ類の情報共有及び同定について~

    ヒアリ警察(ひありけいさつ):覆面ツイッタラー

    「ヒアリだと思ったそのアリ、本当にヒアリですか?」いたずらに加熱するヒアリ報道に警鐘を鳴らすため、ツイッターに舞い降りた正体不明のアカウント。そのベールが今夜剥がされる(かもしれません)。

    Twitter:@_Solenopsis

    ライトニングトーク

    非虫屋、虫漫画を描く(仮)​

    仲川麻子(なかがわあさこ):漫画家

    虫好きの派遣社員の漫画『ハケンの麻生さん』は、虫クラスタの中でも大きな話題に。現在も女子高生が様々な生物を飼育する漫画『飼育少女』を連載されている仲川さんに、生きものと生きもの好きのお話を描く際の視点について伺います。

    著作:『ハケンの麻生さん』(モーニングKC)飼育少女』(モーニングKC)
    HP:へんぺんメモ

    ライトニングトーク

    カマの話(隠語)​

    中峰空(なかみねひろし):大阪府営箕面公園昆虫館・館長​

    ユニークな展示で知られる箕面公園昆虫館・館長の中峰さん。カマキリの研究をしていたはずが何故かカマキリっぽい昆虫の研究をすることになった顛末をお話ししていただく予定です。

    (※7月末に投稿した論文の状況によりお話しする内容が大きく変わります。間に合うかアクセプト&パブリッシュ!?)

    著作:日本産直翅類標準図鑑(カマキリ目解説)

    Twitter:@kobuyahazu

    ライトニングトーク

    手すりの虫観察はいいぞ

    日本野虫の会(とよさきかんじ):

    日本野虫の会(やちゅうのかい)という屋号で虫グッズ制作などの活動を行うとよさきさん。前回(2016年)の昆虫大学では、元ヤン経験を生かして制作した特攻服が話題沸騰、昆大の偏差値を下げるのに貢献しました。今後の活動について語っていただきます!
    Twitter:@panchichi3

    ライトニングトーク

    わたしとナメクジとナメクジ捜査網​

    宇高寛子(うだかひろこ):京都大学助教

    無脊椎動物(主にナメクジや昆虫)の季節適応機構を、個体レベルから分子レベルで研究されている宇高さん。

    移入種マダラコウラナメクジの分布調査を市民の力で行うシステムを作るため、クラウドファンディングに挑戦され、見事目標金額を達成されました。研究対象であるナメクジとナメクジ捜査網についてお話しいただきます。

    HP
    Twitter:@Lmaximus7

    ライトニングトーク

    昆虫大学のこれまでとこれから

    メレ山メレ子(めれやまめれこ):昆虫大学学長

    会社員生活のかたわら、隔年で昆虫大学の開催を続け、2018年で4回目となります。2017年7月からは中国で働きながら昆大を開催することに。上海昆虫事情と昆虫大学の今後についてお話できればと思います。
    Twitter:@merec0

  • 「昆虫夜学」チケット購入

    昆虫夜学は前売りチケット制となっております。

    予約受付日はTwitterアカウント@konchuunivでお知らせいたします。

  • 昆虫大学校歌

    School song of Konchu University

    (1番)
    幼き頃は 虫まみれ
    大人の今も 虫まみれ

    訝る視線 背(せな)に受け
    今日も進むは 虫の道

    学舎(まなびや)持たぬ 流浪の学徒
    ああ 我ら 昆虫大学

     

    (2番)
    灯りにたかる 蛾の如く
    集う我らの 多様性

    芸術家から 博士まで
    誇りも高き 少数派

    茨の道も 虫あればこそ
    ああ 我ら 昆虫大学

     

    (3番)
    好奇心こそ 生きる糧
    思考はいつも 斜め上

    虫への愛を 突き詰めて
    この人生に 悔いはなし

    イナゴはおやつ 蚕はペット
    ああ 我ら 昆虫大学

     

     

    企画:昆虫大学 / 学長:メレ山メレ子(@merec0)

    作詞:いそはえとり(うみねこ博物堂)(@umikneko22)
    作曲:森翔太(@morisatoh)
    編曲・録音:とくさしけんご(@tokusashi_kengo )

    歌:森翔太
    コーラス:とくさしファミリー・もぐお・silonica

  • 前回(2016)の様子

    前回の昆虫大学2016 in 横浜の動画レポートです。

  • Link

    当日の情報・ブース紹介などはこちらをチェック!

    ハッシュタグ #昆虫大学 #昆虫大学ついでにここ行っとけ も参考にしてください。

    @konchuuniv

    昆虫大学FacebookPage

  • 企画・運営

    会社づとめのかたわら、たまに文筆活動と昆虫活動を行う勤労女性。

    著書『ときめき昆虫学』(イースト・プレス)『メメントモリ・ジャーニー』(亜紀書房)など

    Twitter:@merec0

    ご連絡はmereyamamereco@gmail.comまでお願いいたします。